安城市 松整骨院 HOME > 症状別ページ > 交通事故で最も多い「むち打ち」の種類につ...

症状別ページ

交通事故で最も多い「むち打ち」の種類について

突然の交通事故、最も多い後遺症として怖いのが「むち打ち」です。
目に見える外傷があれば、すぐ病院へ行き治療に専念出来ますが、むち打ちになると目立った外傷もないため、他人が見ても分かりにくいです。
また、事故当日に症状が出ない場合も多く、数日経過して急に痛みを伴う恐れがあるため、得体の知れない恐怖の後遺症といわれています。
人によって症状も様々なむち打ちですが、実際には下記のように分類されます。

頚椎捻挫(けいついねんざ)

頚椎捻挫は、むち打ちの中でも多く見られる症状です。自動車の追突事故、もしくはスポーツ中の事故による衝撃で起こりやすく、痛みに個人差があります。首や肩の痛みはもちろん、背中にまで痛みが伴うこともあり、最悪の場合、頚椎を骨折する危険性もあるので注意が必要です。

脊髄症状型(せきずいしょうじょうがた)

脊髄症状型は、むち打ちの症状の中でも重く、直接脊髄までダメージを受けている状態です。脊髄が損傷すると、下肢にしびれが起こりやすく、歩行の際に支障をきたす恐れもあります。
さらに、症状が悪化すると、内臓機能に問題が出て、排尿や排便がスムーズに行えない場合もあるので、早めの対策が必要です。

神経根症状型(しんけいこんしょうじょうがた)

神経根が圧迫され、首から腕にかけてしびれやすくなる症状です。この神経根は、脊髄の知覚神経と運動神経が集まっている根元部分にありますが、症状が酷くなると感覚が鈍くなる恐れもあります。軽く運動することで痛みも和らぐので、日頃から体を動かすと良いでしょう。

バレリュー症状型

強い衝撃で、頭部の交感神経に影響を受けた時に見られる症状です。頭痛やめまい、耳鳴り、吐き気などを訴えやすく、自律神経失調症と似たような症状が出ます。明確な診断が難しいですが、症状が長引くようであれば、バレリュー症状型の可能性が高いです。

このように、むち打ちの種類によって、人それぞれ症状が異なります。
交通事故は、いつ何処で起きるか分かりません。
症状が慢性化しないためにも、事故に遭ったら早めに施術を受けることが大切です。

・愛知県安城市でむち打ち治療をご検討中の方
松整骨院では、交通事故治療を専門に行っております。症状が軽いとはいえ、そのままに放置すると、痛みが慢性化して治療が長引く恐れもあります。少しでも、体の痛みや症状が気になるようであれば、早めに相談することをおすすめします。
また、施術前にカウンセリングを行い、あなたの体調に合った施術をしますので、初めてご利用する方にもおすすめです。安城市民はもちろん、岡崎市や豊田市など周辺にお住まいの方も、お気軽にご利用下さい。

松整骨院

◆住所   〒446-0002 愛知県安城市橋目町新居林7-4(1-38)
◆アクセス 県道76号線沿い 中央精機すぐそば!
◆代表者  松浦 博幸

◆営業時間

8:00~13:00/15:30~20:00
(自費 8:30~12:30/15:30~19:30 )

定休日/ 水曜午後、日曜

0566-96-0705 インターネット割引
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る

お気に入りに追加
ご利用された方の喜びの声
インターネット限定割引
各症状の原因とその施術法

営業時間

8:00~13:00
(自費 8:30~12:30)
15:30~20:00
(自費 15:30~19:30)

定休日

水曜午後、日曜

所在地

〒446-0002
愛知県安城市橋目町新居林7-4(1-38)
県道76号線沿い 中央精機すぐそば!

電話番号

0566-96-0705

施術担当者

松浦 博幸

スタッフブログ

新着情報